不動産投資で初心者向けの小口化商品の種類は?

2020年10月12日

初期投資が抑えられて、リスクを分散した不動産投資ということで不動産投資の初心者の方には検討して欲しい「不動産小口化商品」

そして、この不動産小口化商品には

  • 匿名組合型
  • 任意組合型
  • 賃貸型

という3つの種類があります。


「匿名組合型」の特徴は、投資家が組合に対して出資するため、

  • 不動産の所有権がないこと
  • 登記上、不動産特定共同事業者が所有者として登記されること
  • 投資家の名前が登記簿上に出ず匿名になること

です。

また、分配金は「雑所得」となり、不動産所得にはなりません。


さらに、この匿名組合型の不動産小口化商品には優先出資・劣後出資と出資に優先順位をつけた「優先劣後のシステム」を導入することで、元本割れのリスクを低減する商品もあります。
この「優先劣後システム」とは、仮に物件価格が下落してしまった場合でも、出資者(優先出資)の出資金を事業者(劣後出資)よりも優先して返還することで、元本の安全性を高めるという仕組みです。

投資家と事業者間で任意組合契約を締結して投資家が出資して共同事業を運営する「任意組合型」の特徴は、

  • 投資家は共有持分を購入し、持分を組合に現物で出資すること
  • 不動産の所有権は投資家にあるため登記もされる(つまり登記費用も負担する)こと

です。

また、分配金は「不動産所得」になります。

「賃貸型」の特徴は、

  • 投資家が不動産の共有持分権を事業者に委任すること
  • 不動産賃貸事業から得た収益を投資家に分配すること
  • 登記には所有者全員の名義を記載し、万一、事業者が倒産しても投資家には債権者としての権利が残ること

です。

分配金は「不動産所得」になります。

【300×250】きらめき不動産 会員登録プロモーション